電動二輪車ミニセグウェイ『V-Board』レビューサイト

セルフバランススクーターレビュー

Posts Tagged / アクションカメラ

カメラは自転車に付けて撮影

V-Camera (ブイ カメラ)レビュー│動画アップ

- V-Camera (ブイ カメラ)レビュー│動画アップ はコメントを受け付けていません。 -

アクションカメラV-Camera 4K (AT-30)の撮影モード4種類の動画をアップしました。

カメラは自転車に付けて撮影。

カメラは自転車に付けて撮影

撮影モード1080p60fps動画

撮影モード1080p30fps動画

撮影モード720p120fps動画

撮影モード4K30fps動画

下記は写真撮影モードでとった写真です。
元画像サイズ「4608×3456pix」を縮小して加工してます。(※クリックで拡大

AT-30写真撮影モード AT-30写真撮影モード AT-30写真撮影モード

2万円台という価格を考えたら十分なくらいの機能と映りだと感じました。
V-Boardのお供に最適なアクションカメラですね。

購入は「Vivo Market」で。

商品パッケージ表

V-Camera (ブイ カメラ)レビュー│ファーストインプレッション

- V-Camera (ブイ カメラ)レビュー│ファーストインプレッション はコメントを受け付けていません。 -

V-Boardに合うアクションカメラを探していたところ、V-Board販売店「Vivo Market」で販売していたので購入しました!

購入理由はほぼGoProと同じ高スペックなのに値段が2万円近くも安いということ。でも安かろう悪かろうではダメなので、これから購入を考えている方のためにもしっかりとレビューして行きます。

商品パッケージ表

商品パッケージ表

凄くしっかりとしたパッケージです。

商品パッケージ裏

商品パッケージ裏

英語表記ですがスペックが記載してます。
調べたら全世界で販売されている実績のある商品なので信頼はありそうです。

開封

開封

本体と凄い数の付属品(アクセサリー)

付属品(アクセサリー)

付属品(アクセサリー)

詳細は省きますが取り付けのマウント類です。
普通はオプション扱いで別売りなのでここまでの取り付けマウントが入っているのは驚きです。これだけで1万円以上の価値があるのでは?

組み合わせのページ

組み合わせのページ

取り扱い説明書に組み合わせのページがあるので見るだけでどんな取り付けが出来るのか大体わかります。

組み合わせのページ

組み合わせのページ

カメラ正面

カメラ正面

本体のカメラです。とても2万円台とは思えない作りです。
最初から防水ケースに入っています。防水は30mでダイビングにも耐えられます。

カメラ裏面

カメラ裏面

液晶画面は2インチのLCDパネル

カメラ左側面

カメラ左側面

防水ケースに入っていても設定ボタンが押せるようになっています。

カメラ右側面

カメラ右側面

充電用マイクロUSB端子と出力用マイクロHDMI端子。

カメラ上面

カメラ上面

カメラを取り出す際はここから開けます。矢印で指示が書いてあるので開け方が分からないということはないでしょう。

V-Camera

本当によく出来ています。概観、クオリティに不満はなし!

手のひらサイズ

手のひらサイズ

防水ケースに入っていてもこの大きさ。
手のひらサイズです。

ケースから出します

本体を充電する際はケースから出します。

簡単に取り外せます

簡単に取り外せます。

本体マイクロUSB端子に挿して充電

付属の充電器で本体マイクロUSB端子に挿して充電します。

強く押しすぎないよう注意

マイクロUSBは奥まで刺さらないので強く押しすぎないよう注意してください。

カメラ本体はさらに小さくて軽い

カメラ本体はさらに小さくて軽いです。
本体の寸法は(厚み)29.8mm x (横)59.2 x (縦)41 mm
重さはたったの58g。

この軽さなら気軽に撮影できますね。

付属品の取り付け

付属品の取り付け

付属品の取り付けのマウントを変えてみます。
とりあえず自転車に付けて走ってみようと思いますのでこのパーツ。

ケース横向きに付いているバーを回して外します。

付属品の取り付け

そして取り付けたいパーツを入れ替えるだけ!

ファーストインプレッションレビューはここまで。取り急ぎの感想としては値段以上の品です。とにかく作りにちゃちい所はなく、本当によく出来ています。

次回は起動から、操作性、実際に走った動画をアップします!

購入は「Vivo Market」で。